福岡県小郡市小板井の住宅で、この家に住む主婦の中田由紀子さん(38)と長男で小学4年の涼介君(9)、長女で小学1年の実優さん(6)の遺体が見つかった事件で、県警は7日、いずれも首に絞められたような痕があったことから殺人事件と断定、小郡署に捜査本部(56人態勢)を設置した。司法解剖の結果、由紀子さんの首の骨にひびが見つかったほか、頭部に複数のやけど痕があったことも判明。県警は犯人に強い殺意があったとみて調べている。

 県警は当初、無理心中事件とみていたが、母親の死因が、首を圧迫されたことによる窒息死だったことなどから殺人容疑での捜査に切り替えた。県警によると、子ども2人の死亡推定時刻は6日午前0~5時ごろ。県警警察官の父親(38)は「午前6時45分ごろに出勤した際、3人は寝室で寝ていた」と説明するなど、状況と食い違いがあり、県警は父親から詳しい事情を聴いている。

 捜査関係者によると、由紀子さんの首には自殺の場合とは異なる皮下出血の痕があったといい、死亡推定時刻は6日午前0~9時ごろ。由紀子さんの遺体のそばに、燃えた跡がある練炭のようなものが置かれており、県警は、犯人が無理心中を偽装した可能性があるとみている。子ども2人にはひもで首を絞められたような痕があり、死因は窒息死だった。

 事件は6日午前9時すぎに発覚。由紀子さんは1階台所であおむけの状態で見つかり、子ども2人は2階寝室で布団の上に横たわった状態で見つかった。

 一家は4人家族。同8時40分ごろ、小学校から父親に「2人が登校していない」と電話があり、父親から連絡を受けた由紀子さんの姉が同9時10分ごろに遺体を発見。「妹が自殺している」と110番した。玄関は無施錠で、室内に荒らされた形跡は無かった。

 父親は遺体発見後の事情聴取に「夜はいつも4人一緒に2階の寝室で寝ており、この日も同じように就寝した」と説明。父親と由紀子さんの姉は「(由紀子さんは)育児に悩んでいる様子だった」と話しており、県警は当初「無理心中の可能性がある」と説明していた。

=2017/06/08付 西日本新聞朝刊=

 逮捕された充容疑者は地元の大学を卒業後、24才で福岡県警の採用試験に合格。黙々と仕事に取り組む姿が評価されていた。  一方で、周囲に「子供が成人したら離婚する」と家庭の不満を漏らすこともあった。由紀子さんも、夫の転勤が多いことを知人に相談していた。「中田さん一家は10年間で5回も引っ越しをしていました。充さんは仕事が合わないと思うとすぐ転属願いを出してしまうそうで…。それで腰を落ち着けたいと由紀子さんのたっての希望で今の家を買ったそうです」(由紀子さんの知人)

 福岡県警本部まで1時間という通勤時間にも、充容疑者は不満を抱えていたという。

「そのうえ、最近は由紀子さんに母親との同居を求められていたようです。夫婦仲がうまくいかない上、義母の面倒まで…自分の意思を通せず、じっと我慢しているようでした」(同前)

 家庭でのストレスを抱えながら仕事に向かっていた充容疑者。さらに、事件の前日には警部補昇任の二次試験に落ちていた。一体、何が引き金となったのか――そして小学4年生の息子ばかりか小学1年生の娘まで首を絞めた理由とは何なのか。何があっても手をかけていい理由は見当たらない。
※女性セブン2017年6月29日・7月6日号